【QuickSwap】NFT初心者必見!ポリゴンETHの一部をMATICに交換(スワップ)する方法【マイクリ】

crypto

Polygon(Maticネットワーク)上の「ETH」の一部を「MATIC」という仮想通貨に交換(スワップ)する方法を紹介します。

マイクリMyCryptoHeroes)などのPolygon対応のブロックチェーンゲームをする際、

ガス代(手数料のようなもの)として「MATIC」を用意しておく必要があります。

そのために「ETH」の一部を「MATIC」に交換(スワップ)するんです。

NFT初心者の方が少し迷ってしまうとこなのでカンタンに解説します。

QuickSwapでポリゴンETHの一部をMATICに交換する方法

Polygonの「ガス代」はイーサリアムに比べると超激安なので、NFTやブロックチェーンゲーム初心者にも安心です。

マイクリMyCryptoHeroes)では毎日のデーリーボーナスの受取や、OpenSeaからアイテム(NFT)の転送にガス代が発生しますがどちらも「1円以下」。

とりあえずは、0.3MATIC(約60円)もあれば十分なので実際にやってみます。(※価格は2021年11月現在)

QuickSwapにアクセス

MetaMaskをMaticネットワークに接続し、ポリゴンETHの残高があることが確認できたら、QuickSwapにアクセスします。

↓こちらの画面で設定していきます。

上を「ETH」、下を「MATIC」にします。

MATICの数量を「0.3」と入力すると自動でETHの数量が表示されます。

「Swap」をクリックします。

スワップの処理が始まり、ウインド右上に「1 Pending」の回転が表示されます。

「1 Pending」消え、MetaMaskのアドレスが表示されたら、スワップ完了です。

(※時間がかかります。今回は5〜6分かかりました。)

MetaMaskやポリゴンウォレットを開いてMATICが追加されているか確認してください。

元々「0.0096MATIC」に「0.3」が追加され「0.3096MATIC」になりました。スワップ成功です。

カンタンですね。

ちなみに、このスワップでかかったガス代は「約0.6円」。

この安さがPolygonの大きな魅力です。

初心者はまずはポリゴンで実践!『MyCryptoHeroes』でNFTの魅力と可能性を体感!

NFTの仕組みを完全に理解している人にとっても、イーサリアムNFTのガス代の高さは大きな参入障壁となってます。(※500円NFT購入に2〜3万円のガス代がかかるケースもあります。)

さらに2021年11月現在、ETHは最高値を更新し、今後も価格上昇の傾向にあります。

イーサの購入自体が資金に余裕のある人でないと困難になっており、一般人が気軽に「イーサリアムNFT」へ参入しづらいのが現状です。

そこで、Polygon(ポリゴン)が、まずは実際にNFTを体験してみたいという初心者の強い味方になってくれます!

ETHをポリゴンにブリッジという面倒な工程はありますが、これをやるだけでNFTの購入から出品・販売、ブロックチェーンゲームなど様々な体験が高いガス代をかけずにできます。

NFTに興味を持った方は、まずはここから始めることを強くオススメします。

MyCryptoHeroes(マイクリ)でNFTの魅力や可能性を実感!
MyCryptoHeroes

MyCryptoHeroesなどの「ブロックチェーンゲーム」はNFTの魅力や可能性を体感するのに最適です!

ゲーム内のキャラクターや武器などのアイテムが「NFT」になっており、こちらはバトルで手に入れるだけでなく世界最大のNFTマーケットOpenSeaで購入も可能。

さらにゲーム内でレベルを上げたヒーローやアイテムを逆に売ることもできるんです!

これは「ゲームを頑張ればお金を稼げる可能性がある」ということ。

今までにない感覚ですよね。NFT(ブロックチェーン)ならではの新体験です。

これからNFT市場はどんどん拡大していくと予想されます。

「将来このシステムがドラクエやポケモンなどで導入されたらどうなるんだろう?」

考えるだけでワクワクしてきますよね。