子供の習い事「水泳教室」が大人気な訳【驚きの効果!】

baby&kids

習い事の定番「水泳」が大人気な訳【東大生の60%が体験】

子供に何か習い事をさせたいと考えていたところ、本人から「水泳を習いたい。」と言われました。

よくお風呂でラッコみたいに、アクロバテックに潜って遊んだりしているのは知っていましたが、

どうやら保育所のプールの時間に先生から「泳ぎ上手ね。」と褒められたり、「水泳習ってるの?」と聞かれたことがきっかけみたいです。

「水泳」は子供の習い事の定番で大人気。

人気すぎるのため空きがなかったり、年齢制限で入れなかったり苦労していますが、スイミングスクール選びはじめました。

人気の理由はその効果

水泳教室が人気な理由は、その効果にあるようです。

このたび子供をスクールに通わせるということで調べてみました。

なるほど、通わせたくなります!

運動神経・運動能力の向上

水の中での全身運動でさまざまな筋肉をバランスよく鍛えられます。

さらに水泳独自の息継ぎにより心肺機能の向上が見込めるそうです。

水の中での運動なので怪我のリスクが少ないのも良いですね。

免疫力の向上・アレルギー体質の改善

水温への抵抗により、体の免疫力が上がるとのこと。

風邪引きにくい身体作り、喘息やアトピーの改善につながるのはいいですね。

ウチの子も肌が弱く、ややアトピー気味なので少しでも良くなれば嬉しいです。

学習能力の発達に役立つ

東大家庭教師友の会が行ったアンケート結果に、東大生の60%以上が過去に水泳を習っていたというデータがあるそうです。

これは驚き!

水中で体を動かすことは、数学や科学系のスキルとも非常に関係が深い、

「脳の空間認知能力」を鍛えることにつながるそうです。

体を鍛えるついでに、頭も良くなれたらラッキーですね。

【水泳】感染症には気をつけよう

プールで幼児がかかりやすい感染症に、プール熱(咽頭結膜炎)、手足口病、ヘルパンギーナ(急性ウイルス性咽頭炎)などの発熱・発疹・痛みを伴うものがあるそうです。

このあたりは保護者がよく気をつけてあげないとです。

感染症の予防と対策5つ

  1. プールは身体を冷やし体力を消耗させるので、体調が少しでもすぐれないときは控える。
  2. プールに入る前は、シャワーや腰までしっかり消毒曹につかる。
  3. プールから出たら、うがい・手洗い・洗眼・シャワーを十分に行う。
  4. タオルやキャップなどを共有しない。
  5. ゴーグルを着用する。

子供と水泳を始めよう

私も子供の頃2年ほどですが水泳を習った経験があります。

頭は良くなりませんでしたが、泳ぐ能力があれば、いざという時、身を助けることになるかもしれませんし、サーフィンなどのマリンスポーツにも挑戦できるので良いことだと思います。

なにより子供自ら「水泳やりたい」と言い出したのが嬉しいです。

子供の水泳トレーニングを学べる動画もあるので、スクールが決まるまでは親が勉強して一緒に水泳始めたいです。

水とのふれあいー幼児の水泳への 日本ビジュアルコムニケーションセンター製作