子供の理想的な睡眠時間とパパもできる『寝かしつけのコツ』

baby&kids

【寝る子は育つ】子供の理想的な睡眠時間と『寝かしつけのコツ』

「ついつい夜更かしになる。」「なかなか寝ようとしてくれない。」「寝かしつけに1〜2時間くらいかかる。」「朝、起きることができない。」「睡眠時間短いかも。」…..

子供の睡眠に悩みや不安感じるときありますよね。

我が家でも苦労した時期ありましたが、

最近ようやく8時就寝〜6時半起床が習慣になりました!

試して良かった「寝かしつけのコツ」を紹介します。

子供の理想的な睡眠時間

ちなみに理想の睡眠時間ってどのくらいだろう?

成長期の子供にとって睡眠は超重要。

昼寝を含めて子供の一日の理想の睡眠時間は、このくらいとされています。

  • 4ヶ月~12ヶ月:12時間~16時間
  • 1歳~2歳:11時間~14時間
  • 3歳~5歳:10時間~13時間
  • 6歳~12歳:9~12時間
  • 13~18歳:8~10時間

寝かしつけが必要な5歳くらいまでは、少なくとも10時間は寝かせてあげたいです。

パパでもできる「寝かしつけ」のコツ【5つ】

4歳児の夜8時〜朝6時半(10時間半)睡眠が習慣になった、

「寝かしつけのコツ」5つがコチラ↓

1.朝イチNetflix
2.夕飯前に入浴
3.テレビは夜7時まで
4.早めに部屋を暗くする
5.ゼリー2個と絵本5冊

父親が積極的に行うことで、早く一人で寝てくれるようになるかなと期待もしています。

順に解説します。

1.朝イチNetflix

早寝早起きと言いますが、逆で、

「早起き」→「早寝」の順番を意識することが重要です

一日のリズムをきちんと刻むには、まずは朝の太陽の光を浴びることから。

朝の光には、心を穏やかに保つ働きのある神経伝達物質「セロトニン」の活動を高める働きがあり、

その「セロトニン」は夜眠くなるホルモン「メラトニン」の材料になるそうです。

我が家では「朝早起きできたら、一番好きなNetflixのアニメを見ることができる」、

というルールを作り、一人で早起き(6時半)させることに成功しました!

【U-NEXT】 や録画しておいた大好きなTV番組などでも良さそうです。

ちゃんと早起きして『朝にしか見せない』ことがポイント!

たまに5時台に起きたりもします、欲望のパワーってすごいですね。

親は大変かもですが、効果あります、笑。

2.夕飯前に入浴

『早く寝かせるための入浴のタイミングは、夕飯前しかない』と言えます。

理由は2つ。

  • 食後のすぐの入浴は消化の負担になるため、1時間ほど時間をおいてからが良い。
  • 入浴後は体温が上がってすぐに眠れないので、就寝時間の1〜2時間前に済ませるのが良い。

これらを共にクリアするとなると、入浴は夕飯前に済ませるしかありません。

食後にくる眠気も手助けしてくれて、夜中に興奮することもなくなり入眠がスムーズになりました。

3.テレビは夜7時まで

食事中と夕飯後は、

テレビだけでなくYouTubeやNetflixなども7時でモニターを消すようにしています。

これらは見れば見るほど頭が興奮するので早寝のためには早く消して正解です。

この間、親もなるべくスマホも見ないようにしています。

ややストイックに感じられるかもしれませんが、

実際に見ないように我慢しているのは夜6時から7時の1時間くらい。

子供を早く寝かせられることで、これまでよりゆっくりテレビや映画を見ることができるようになりました。

4.早めに部屋を暗くする

夕飯が終わるとすぐにリビングの照明は半分消してしまいます。

テレビも付いていないので、自然と気持ちも落ちつき眠くなってくる暗さです。

寝室は優しい光、イサム・ノグチの【AKARI】を使っています。

5.ゼリー2個と絵本5冊

就寝前のナイトルーティーンです、笑。

入眠へのスイッチみたいなものですね。

寝る前おやつに【オリヒロ ぷるんと蒟蒻ゼリー】2個食べて、

歯を磨いて、トイレにいって、スリーパー着て、絵本を5冊読んでから消灯です。

毎日自然な流れで淡々とおこなっています。

絵本は1、2冊読むと眠くなってくるので残りは簡単に流し読みです。

0歳から読み聞かせをはじめて絵本好きな子供になりました。

テレビはあまり見せてもらえないけど「絵本を5冊も読んでもらえる」という喜びで心が満たされて、

スムーズに眠りにつけるのかもしれません。

まとめ

「寝る子は育つ」の格言は、そのまま本当だと思います。

子供の成長には日々驚かされます。その成長を大きく支えているのが睡眠ですよね。

よく寝てくれると安心です。

これまで夜中になんども起きる時期があったり、夜更かしになりがちで朝泣きながら起きることもありましたが、なんとかよく寝てくれるようになりました。

『寝かしつけのコツ5つ』

  1. 朝イチNetflix
  2. 夕飯前に入浴
  3. テレビは夜7時まで
  4. 早めに部屋を暗くする
  5. ゼリー2個と絵本5冊

ぜひ参考にしてみてください。

コロコロ布団から飛び出すお子さんに「スリーパー」はかわいくておすすめです!