【幼児ポピー】楽しく続いてます!「ポピっこ あかどり8月号」の感想【口コミ】

baby&kids

4月から始めた家庭学習教材【幼児ポピー】

今回の「ポピッこあかどり8月号」で5回目。毎月楽しく続いてます。

5ヶ月続けて良かったことは、

  • 子供が毎月の到着を楽しみにしている。
  • 家庭学習が習慣になった。
  • 子供の得意・苦手を把握できている。
  • 親子の大事なコミュニケーションの一つになった。
  • 毎回親にとっての学びがある。

などなど。

【幼児ポピー】は量が多すぎないので、これからも無理なく続けていけそうです。

続けてみてわかったのは、「何月号から始めてもOK!」。

4月スタートにこだわることはなかったです。

年会費もありませんし、退会費もかかりませんので、いつからでも気軽に始められます。

【幼児ポピー】は、無料おためし見本に付いてくる、「家庭教育に役立つ小冊子」もすごく良くておすすめです。

\無料お試しがすごく楽しい/

【幼児ポピー】ポピっこ あかどり8月号は「工作」が充実。【洞察力を鍛える!】

「もじ」「かず」「ことば」を学ぶ、メイン教材の『ドリるん』は、4〜7月号同様に今回も到着から3日間で完了させてしまいました。

あいかわらず一気にやりたがります、笑。

今回は、苦手だった「文字書き」も少しづつ慣れてきて成長を感じました。

毎月継続することで、子供の苦手の克服や得意の上達を確認できるのは育児の喜びです。

今回の8月号で5回目になり、ややマンネリでカンタンすぎるかな?と感じるワークもありましたが、やっぱり基礎は大事ですよね。

地道に続けていきたいです。

8月号のサブ教材『わぁくん』と『特別教材』では「工作」が多かったのが特徴です。

そちらを中心に、感想を交え紹介します。

8月号は特別教材は『おすしすごろく』

すごろくで使う、寿司ネタやお楽しみカードを切り離すのに超苦労しました。枚数多いです。

しかし、きちんとキレイに枠から切り離すこと自体も、子供にとってのワークになってます。

あわててはダメでした、じっくりいかないとですね。

いかにも楽しそうなポップなイラストです。

ゲームは一番にゴールした人が勝ちだけでなく、寿司カードを多くとった人が勝ちとか、

ルールを変えて何度も遊べるのがいいところです。

ちなみにウチの子は4歳で、最近なって急にイカとマグロのみですが刺身を食べられるようになりました。

タイミング的に、このすごろくの影響があるかもです(笑)。

8月号の『わぁくん』は工作が多い!

8月号の『わぁくん』は「つくって あそぼう!おうさまランチ」というコーナーで、

ランチやデコレーションケーキやアイスなどをつくる工作のワークが多数あります。

正直、なんとも言えない微妙なものが仕上がりますが、

目的はあくまで「ハサミを使う練習」「のりやセロハンテープをうまく貼る」「紙を上手に折ったり丸めたり」だったりします。

このあたりは、教材に頼らなくてもできるかなとも感じますが、ちゃんと学びがありました。

『工作』は子供の脳の発達に役立つということです!

工作で鍛えられるのは「洞察力」!

8月号<わぁくん>の解説からの引用になります。

実際に試行錯誤しながら工作に取り組み中で、お子さんは「はさみで切るときは、この向きで切ると切りやすい。」「紙はこんなふうに丸めると、それらしくできる。」など、自分なりの法則を見つけていくことでしょう。

工作を行なっているときの脳活動を調べると、洞察力を働かせているときと同じ脳部位が活性化していることがわかりました。幼児期は特に、手を動かすことが考えることに直結するのです。

「洞察力」とは、きまりを見つける力、ルールや法則を発見する力。

テクノロジーが日進月歩のこの時代を生き抜くには欠かせない力です。

日頃から保育所や家庭でも工作はよくしていますが、「洞察力」が鍛えられるとは知りませんでした。

これまで仕上がりばかり気にしていましたが、今後は「作る過程」をよく見てあげたいです。

毎回、このあたりの親にとっての学びがあるのがの【幼児ポピー】良いところです。

ダンボールやペットボトルとか牛乳パックや食材のトレーとかを材料に、どんどん工作させたいです。

部屋はちらかるかもしれませんが、『工作』はお金がかからないのもいいですよね。

【まとめ】通信教材のメリットを実感してます。

補助として、本屋で市販の教材を取り入れたりもしていますが、やはり自分で選ぶと趣味嗜好がかたよりがち。

意外な新しい発見も少ないです。

毎月の教材選びはプロの手を借りるのがベストだと感じてます。

子供が毎月の到着を楽しみにしていますし、飽きることなく続けていけるのは、プロの研究からセレクトされた教材だからと実感しています。

これから自宅学習を始めてみたいという方へ

いろいろな通信教材がありますが、各社どちらも「無料でお試し」ができます。

教材によって向き不向きがあると思います。

まずは実際に試してみてから、親子で楽しく取り組んでいけそうな、子供と自分に一番合ったものを選ぶのがコツです。

もちろん、【幼児ポピー】はコスパも良くおすすめですよ。

\無料お試しがすごく楽しい/