子供が音痴?!【原因と治し方】

baby&kids

母親が音痴だと子供も音痴になる?!

「母親が音痴だと子供も音痴になる。」

以前、こんな少しびっくりするタイトルの記事を読んだことがあり、子供の音痴の原因について調べてみました。

うちの子供も歌うのが好きでよく歌っていますが、時折音程外しているので大変気になります。

【音痴の原因】環境によるものが大きい

音痴の原因は、遺伝ではなく「環境によるもの」が大きいようです。

「一番身近な環境」という意味で「母親」ということですね。少し安心しました。

子供にとって「学ぶ」とは「真似ぶ」ことなので、他の能力と一緒で親の影響を受けやすいのはよく理解できます。

遺伝でないのであれば改善していけるので安心です。

小さいうちはみんな音痴

そもそも小さい子どもは、声帯やそのまわりの筋肉が未発達で、細かな音の違いをコントロールすることが難しいので、みんな音痴で当たり前なのだそうです。

良い声を出すために必要な腹筋や背筋も弱く、安定した良い姿勢がとれないので、歌声が不安定になるのは当然です。

子供の音痴の治し方【幼児期にできること】

小さいうちはそれほど心配なさそうですが、音痴を改善する方法や歌が上手くなる方法は色々あるので、親子で楽しんで取り入れてみたいです。

楽しく大きな声で歌う経験をつませる

「歌うことが楽しい」と感じさせることが大切で、楽しくたくさん大きな声で歌う経験をつむことで、歌うために必要な筋肉が成長し、どんどん上達していくそうです。

親がここで注意したいのは、「下手だなぁ」とか「音痴だ」とか「うるさい」などと言って、子供の自信を失わせないことです。

自由に元気に伸び伸びと歌わせたいです。

良い音楽CDなどをかけて音楽に触れる機会を増やす

部屋や車の中で童謡などの良い音楽のCDをかけて、とにかく頻繁に音楽にふれる機会を増やしてあげることが大切みたいです。

我が家では普通に親が聞きたい音楽を流してることが多いですが、車では子供が退屈しないよう子供向けの曲をかけることもあります。

Eテレの番組などは親子で楽しめる曲もたくさん流れていますね、米津玄師さんの「パプリカ」はよく一緒に歌っています。

リトミックなどの音楽教育を取り入れる

リズミカルに体を使って音楽体験をし、まずは音楽を楽しんで好きになることが良いみたいです。

私はリトミックの存在自体知りませんでしたが、子供が2歳の頃通っていた保育所で、たまたま取り入れていただいていて凄く授業を楽しんでいました。

今子供が歌ったり踊ったりが好きなのも、少なからずリトミックの授業が影響していると感じています。

ピアノなど音楽スクールで楽器を習う

楽器を演奏することで音程やリズム感を養えば、歌を上手に歌う能力も鍛えられるそうです。

楽器はやはり自己流での習得は難しそうです。

家にプレゼントでいただいた子供用の小さい電子ピアノやマリンバがあり、一応楽器に触れる機会はあるのですが、今のところ演奏という感じでなくまだメチャクチャ弾きです。

将来、本人がやりたがればスクールで楽器も習わせたいです。

子供の歌声は癒されます

子供の歌声を聴くのが好きです、癒されますね。

子供番組でかかる歌、保育所で習ってくる定番の歌、ABCとか英語の歌など、たどたどしい歌詞やハミングで楽しそうに歌ってるのを聴いていると心がとても和みます。

車の長距離運転などの際も子供の歌声を聞いていると疲れがとんでリラックスできます。

自由に楽しく歌わせているので、確かに音程外す頻度も減ってきている気がします。

将来音楽好きに成長してくれたら、東儀秀樹さんのように親子でバンドとかできたら楽しそうです。