【子供と歩む未来】エレベーターで日帰り宇宙旅行!【大林組】

technology

宇宙が身近に!エレベーターで日帰り宇宙旅行【大林組】

子供と歩んでいく「未来」を想像するのは楽しいです。

テクノロジーの進化のスピードは加速しており、今の子供たちが成人になる頃は、現在とは遥かに異なる世界や生活スタイルになっているでしょう。

特に宇宙開発のさらなる進歩に期待し注目しています。

近い未来に、親子で宇宙旅行も夢ではないかもしれません。

「MOMO3号機」打ち上げ成功 

先日、堀江貴文さんが出資するインターステラテクノロジズの小型ロケット「MOMO3号機」が国内初の民間単独で、宇宙空間(高度100キロメートル以上)への打ち上げに成功。

多くの子供たちに宇宙を身近に感じさせてくれました。

ホリエモンさんの宇宙への挑戦カッコいいですよね。「ZERO」の打ち上げにも超注目しています。

ホリエモンロケットこと「MOMO」3号機、打ち上げ成功 民間単独で国内初 北海道・大樹町
MOMO3号機は何がすごいのか?打ち上げ成功の一部始終を公開

【宇宙時代到来!】大林組の宇宙エレベーターやスペースX

去年2018年9月18日、米・スペースX社の記者発表会で、

同社が開発中の次世代大型ロケット「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」による世界初の民間月旅行の乗客第1号として、

日本の前澤友作さんと契約を交わしたことを発表しました!

いよいよ民間人も宇宙に行く時代になったんですね!それにまず日本人が選ばれたのも嬉しいですね。

2023年の打ち上げ実現に注目です。

【2050年完成】宇宙エレベーターで日帰り宇宙旅行!

宇宙時代の到来もリアルになってきた現在、最も期待を抱いているのは、

2050年完成予定プロジェクト、ゼネコン大手大林組の「宇宙エレベーター」建築構想です!

総工費10兆円、理論上、実現は可能だそうです。

特別な訓練をすることなく気軽に日帰り宇宙観光できる未来。

夢がありますね。是非実現してもらいたいです!

頑張れ大林組、応援してます。 

深宇宙に開かれた“港”「宇宙エレベーター」 大林組が語る2050年の未来

宇宙エレベーター建設構想 | 大林組の挑戦