育児に疲れた時やってみるコト5つ【モチベーションUP】

baby&kids

【やる気が出ない】育児に疲れた時にやってみる5つのこと

毎日の育児に疲れてます。誰かたすけて…

子供は可愛いけど、日々の育児生活に疲れてしまって泣きたくなることもあると思います。

原因はワンオペだったり、仕事との両立だったり、置かれている環境や立場によってさまざま。

『育児に疲れた時やってみるコト5つ』紹介します。

少しでも育児モチベーションUPのお役に立てばと思います。

やってみる5つのこと

1.家事や仕事をサボる。
2.パートナーにお願いをする。
3.過去の写真を見る。
4.両親に孫の写真を送る。
5.子育ての名言を読む。

順に解説します。

1.家事や仕事をサボる。

育児が大変な時期は、サボれる家事や仕事は積極的にどんどんサボるべきですね。

目的は、少しでも自分の時間を確保するためです。

友達と話をしたり好きな本や映画などを楽しむ時間は絶対に必要。

完璧は求めず、掃除の回数を減らしたり、料理の品数を減らしたりしても何も問題ないです。

リフレッシュして元気を取り戻すために、『ママの自分の時間作り』に注力するべきだと思います。

パパも上司に「育児が忙しい」と伝えて、サクッと帰宅しましょう。

2.パートナーにお願いする。

特にママからパパへ、

やって欲しいことや手伝って欲しいことをどんどんお願いしてみてください。

正直、男性は「育児手伝いたいけど、何すればいいかわからない」と戸惑っていたり、

「育児って赤ちゃんと遊んでいるだけでしょ」とかなり誤解している方が多いのも事実です。

自分は鈍感なので、言ってもらって初めてきづくコトが多かったです。

毎日の夫婦での子育て会話は大切ですね。

↑コチラの記事は是非パパに見てもらいたいです。ママって超大変です!。

3.過去の写真を見る。

数ヶ月前・数年前の子供の写真や動画を見ると、成長を感じられて元気が出てきます。

自分は『離乳食を初めて食べた日の写真』なんかをよく見ます。

朝起きれなかったり、食べるのに時間がかかったり、言うことを聞かなかかったりしても、

健やかに成長してくれていることに、子育ての喜びを感じられます。

4.両親に孫の写真を送る。

自分の両親にとって孫の存在は『最高の親孝行』になります。

頻繁に会わせることができれば一番良いのですが、写真や動画を送るだけでも、本当に喜んでくれます。

「みてね」などのアプリを利用している方も多いと思います。

親に送る写真や動画をセレクトしている時点で、喜ぶ顔が浮かびワクワクしてきます。

これまであまり親孝行できていなかったので、子供がいてくれて良かったなと思えています。

5.子育ての名言を読む。

子育てのに関する名言や格言はたくさんあり、自分を元気にしてくれるもの多いです。

気に入ったものをメモして、たまに読み直してます。

『言葉の力』はスゴいです!

読むだけで心を落ち着かせてくれたり、考えさせられたり、やる気をもたらせたりしてくれます。

おすすめをいくつかご紹介。

『育児は育自』

子供と同時に自分自身も育てていると言う意味です。

子供と一緒に自分も成長している実感あります。はありがたいですね。

『子どもは親の背中を見て育つ』

自分もしっかりしなきゃと言ういましめにもなりますが、子供を信頼してマイペースでいいかなと気楽にもなれます。

『子供より大切な存在ってあるかしら。』(オードリー・ヘップバーン)

大切だからこそ悩みや心配も多いですが、子育てでしか体験できない、かけがえのない喜びがあります。

『子供は、その時点時点で常に現代人であり、また、未来人でもある。』(手塚治虫)

子供はいつも「未来」を感じさせてくれます。子供のおかげで未来志向になりました。

育児ライフとは子供と一緒に、時代の最先端を生きることです。 

『3分間のROCK’N’ROLLを創るよりも人間一人を育てることの方がよほど芸術的だ。』(ジョン・レノン)

「育児家」イコール「芸術家」。

芸術活動として子育てに取り組めたら、自由でワクワクするしパワーが湧いてきます。 

子育ては人生最大のエンタメです!

子育ては『人生最大のエンターテイメント』だと日々感じています。

時には疲れたり困難がありつつも、『未来へと長く続く壮大な娯楽』だととらえてます。

人と比べずマイペースで育児を楽しむのが良さそうです。

親にとって子供はいつまでも子供で、いくつになっても可愛くて、最も喜びと楽しみを与えてくれるかけがえのない存在なのだと思います。