家庭で『モンテッソーリ教育』親ができることは?おすすめ本とオモチャも紹介

baby&kids

藤井聡太さんも受けていた『モンテッソーリ教育』

14歳2ヶ月で最年少プロ棋士デビューした藤井聡太さんが、幼稚園で受けていたことで話題の『モンテッソーリ教育』

子供の『自主性』を養うことを非常に重視した教育法ということで、大変興味があり、家庭でもできるところから取り入れてます。

モンテッソーリ教育とは

イタリア初の女性医師マリア・モンテッソーリさん(1870~1952)によって考案された教育法です。

既に90年以上の歴史をもち、世界各地で実践され、その効果が実証されています。

その教育法の正しさは、現代の大脳生理学、心理学、教育学などの成果によっても証明されています。 

モンテッソーリ教育の目的

モンテッソーリ教育の目的とは、

「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間に育てる。」となっています。

理想的で今の時代にも合っていると感じます。

家庭で『モンテッソーリ教育』親ができることは?

モンテッソーリ教育を取り入れた保育所や幼稚園は全国的にもまだ少ないです。

残念ながらウチの近くにもありません。

しかし、スクールなどに通わせる前に、自宅で親ができることも色々あります。

本を読んだりネットで知識が身につけるだけでも、モンテッソーリを実践することはできます。

家庭でモンテッソーリを取り入れることで、以前よりも子育てが少し気楽になったり、さらにやりがいが出るようになったのも良かった点と言えます。

まず親が意識して実行してみたい『モンテの基本コンセプト』を2つ紹介します↓

親は『援助者』に徹する

「子供は、生まれながらに自らを成長・発達させる力を持っており、大人は、その要求をくみ取り自由を保障し、子供たちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない。」

というのが基本の考え方になります。

親は、教える人ではなく、子供をよく観察し、自主活動を「援助」する存在。

子供の自発性を「待つ」ことや「見守る」姿勢が重要になります。

『整えられた環境』を用意する【6つの原則

子供の為に『整えられた環境』を用意する必要があり、それには6つの原則があります。

部屋のレイアウト、インテリア選び、おもちゃ選びなど、ライフスタイル全般の参考にもなり面白いですよ。

北米モンテッソーリセンターによる『整えられた環境』6つの原則とは

1.『自由』:子どもが好奇心をもって自由に移動でき、そこでどんな活動をするか選べること。

2.『構造と秩序』:宇宙における「構造と秩序」が反映されるようにすること。

3.『美しさ』:見た目に美しく、リラックスできる場所にすること。

4.『自然さと迫真性』:プラスチックよりも、木やガラスの素材を用いること。

5.『社会的環境』:子ども同士が交流できるようにすること。

6.『知的環境』:上記5つの条件を満たさなければ、せっかくの知的環境が目的を果たせません。

シンプルで深いですね。

自由でかつ整理整頓された、美しい空間づくり日々心がけたいです。

育児がますます楽しくなる!おすすめモンテッソーリ本

モンテッソーリ教育をわかりやすく理解できる良書を2冊紹介します。

育児することがますます積極的で楽しいものになり読んで良かったです。

オモチャも1つ紹介します。

藤井聡太さんが子供の頃遊んだことで有名な『cuboro』はまさにモンテッソーリ。長く遊べて面白いですよ!